専業主婦がキャッシングを利用するには

専業主婦は消費者金融でキャッシングを利用することができない

専業主婦は自分の収入がないため、消費者金融ではキャッシングを利用することはできません。貸し金法という法律で、消費者金融は年収の3分の1以下しかお金を貸してはいけないと決められているからです。

銀行系カードローンは専業主婦でもキャッシングが利用できる

しかし銀行はそのような規制がないため配偶者に安定した収入があれば専業主婦でもキャッシングが利用できます。
HPから申し込むとわざわざ銀行に行く必要がなく、誰にも会わずに申し込めるので便利です。銀行のATMのところに無人の契約機を置いているところもあり、そういったものを利用しても良いでしょう。

専業フフが銀行系カードローンに申し込む方法

申し込む際に必要なのは身分を証明できる免許証や保険証などです。銀行によってはその銀行に口座を開くことが条件になっているところもありますが、口座開設が必要なく自分が持っている口座にお金を振り込んでくれるところもあります。
利用に際しては配偶者の承諾を得る必要がある銀行もありますが、そのような物は必要なく配偶者の年収を証明するものも不要な銀行も多数あります。そのようなところは配偶者に対して在籍確認の電話もしないので、利用することが配偶者に知られずにすみます。

銀行系カードローンのメリット

銀行のキャッシングのメリットは金利が低いところです。また返済も毎月決まった金額を返済すれば良いところもあり、返済計画がたてやすいので家計を預かる専業主婦に向いています。中には月々1000円から返済できるところもあるので、家計にしわ寄せすることなく無理なく返済できます。
また公共料金や電気料金の引き落としをしている銀行を利用すれば、引き落としの際に口座に金額が足りない場合、自動融資を行ってくれるところもあります。口座にお金が不足している場合も、引き落とし出来ずに督促がくるという事が防げるので便利です。