専業主婦なら銀行カードローン

カードローン今昔

一昔前であれば、消費者金融は専業主婦にとってお金を借りやすい便利なとこであったのですが、貸金業法が改正されてしまったことにより、パートやアルバイトをしておらず自身収入のない主婦の方は借りることができなくなってしまったのです。2010年6月に改正された貸金業法では、専業主婦への貸し付けが厳しく規制されることになっています。これまでであれば、

専業主婦は内緒で借りることが難しくなった

専業主婦が申し込みをするとなると配偶者である旦那様を審査対象とすることができたのです。専業主婦でなくても自身が仕事をしていれば、自分の仕事内容で審査をしてもらうことができ、もし審査に落とされてしまっても今度は旦那様を審査対象とすることで再度審査が受けられたのです。それが、貸金業改正では専業主婦の借入は旦那様の同意が必要になったのです。つまり、内緒で借りることができなくなってしまったのです。既存の利用者で旦那様を審査対象として借りていた人は融資が止まってしまうことになります。融資が止まってしまうということは、カードを持っていても返済しかできないカードとなりキャッシングの役割がまったくなくなったのです。

専業主婦が旦那に内緒でかりるなら銀行系カードローン

このように専業主婦への貸し付け規制が厳しくなったことで、消費者金融で専業主婦への貸し付けを実施している企業は数えるほどしかないのです。専業主婦の方がどうしても生活費の足しにしたい、欲しいブランド品があるのでお金を借りたいとなった場合には銀行のカードローンであれば借り入れすることができます。銀行は、貸金業者ではありませんので貸金業法は適用されず銀行法が適用されます。そのため総量規制の対象とならないローンとなりますので、専業主婦の方でも旦那様の同意は不要で申し込みできます。