銀行のカードローンについて


銀行カードローンの特徴

2
 銀行のカードローンは、消費者金融に比べると金利が安いという特徴があり、利用限度額も多く設定されています。また、銀行は「総量規制」の対象外となりますので、申込者に返済能力があると認められれば、年収の3分の1以上の借入れも可能となります。一方、消費者金融では、年収の3分の1までしか、お金を借りることができません。年収の3分の1とは、申し込んだ1社だけではなく、利用している複数社の合計額となります。例えば、年収が300万の方であれば、各消費者金融合わせて100万円借りることができるということです。
 また、銀行系カードローンは専業主婦でも申し込みをすることができます。収入が少ない専業主婦の場合夫の収入を基に審査を行うため、それ程多くを借りることは出来ません。ただ、総量規制対象外でありますので条件等をインターネットで十分比較したうえで、条件にあった銀行系カードローンを選択することをおすすめします。

銀行カードローンの審査

 銀行のカードローンの審査は、消費者金融の審査よりも厳しいといわれるのですが、すべての点で審査が厳しいということではなく、審査に厳しい項目があるということです。具体的には、他社からの借り入れ状況については、厳しく審査されます。消費者金融からの借入れが3社以上ある人の場合には、審査に通過するのは難しくなります。3社以上から借入れがある人は、1カ所からまとめて借りることが出来なかった、つまり信用情報が低いと、マイナスの評価をされてしまうからです。そのほかの項目に関しては、消費者金融の審査と何ら変わりはありません。
 少なくとも、銀行系カードローンに申請を行う場合虚偽の情報を申請しないようにしましょう。カードローンの審査の際に信用機関に過去の借り入れ情報を照会します。申告した情報と明らかに違う場合、審査員の心象が悪くなり、審査がおりない可能性があります。あくまでも素直に自分の情報を書いて申し込みましょう。

銀行カードローンに通過する人

 一定の収入があり、年齢条件を満たしており、他社からの借入件数が複数ない人であれば、カードローンの審査に通過する可能性は高くなります。前述しましたように、3社以上の消費者金融から借入れがある場合には、返済能力が低いと判断されてしまいます。たとえ申込書でウソの申告を行って、他社借入件数を少なく申告しても、個人信用情報機関に照会すれば、ウソはばれてしまいます。そして、その時点で審査には落されてしまいます。返済能力の有無を、もっとも重視して審査しているということを認識しておきましょう。